脳脊髄液減少症患者・家族支援協会
トップページ > 交通事故相談

交通事故相談

各種法律相談窓口
認定NPO脳脊髄液減少症患者・家族支援協会(旧名・鞭打ち症患者支援協会) 
会員の方は、下記の当協会所属の法律の専門家の方々に御相談される時は
協会に必ず御一報ください。会員様は相談料は2時間無料とさせていただいております。 
会員以外の方は規定に基づいて費用が発生します。
必ず法律相談に行かれる前に、協会専用電話にFAXもしくは を入れていただけますようお願い致します。

 当協会では法律専門家の入会 および法律相談についてご協力くださる方を随時募集しております。


交通事故相談窓口
(賠償請求/訴訟/その他交通事故全般について)

交通事故後の脳脊髄液減少症については様々な点に留意しなければなりません。

1)まず、事故後第一に関わる自賠責保険の制度を自体を知らなければなりません。

そしてその自賠責保険を実質、運用している損保会社の対応も良く知っておかなければならないでしょう。

例え、事故過失が100:0で相手側の過失であったとしても、自身が納得いく症状改善まで治療費云々が支払われない事もあるという事を知っておかねばなりません、特に脳脊髄液減少症と診断を受け、損保会社にその旨を伝えてから、損保会社の対応が変わる事が多いといわれています。

自賠責保険制度ができたのは昭和30年、日本が高度経済成長にともない自動車事故が増えたのがきっかけです、以来60年数年経た今もさほど制度の大きな変化はありません。

(下記 図 自動車を所有するユーザーが出す保険料の総額と各種社会保険制度、民間保険などをもって

 交通被害者を救済するシステム 国土交通省提供資料 税金は使用されていない)

医学の進歩などで新しい疾患が外傷により発症する事が増えておりますが、事実上、制度が医学の進歩に追い付かず、今まさに自賠責保険自体の必要性、制度の改善が求められています。

詳細はサブメニュー国土交通省をご覧ください。

2)弁護士の選任の方法 

後日説明追加 まずは協会にご相談ください

 

認定NPO脳脊髄液減少症患者・家族支援協会(旧名・鞭打ち症患者支援協会)
所属 弁護士
脳脊髄液減少症」に詳しい弁護士の先生はこちら

プロフェッショナル賛助会員


▲このページのトップへ