脳脊髄液減少症患者・家族支援協会
トップページ > 各種ご相談・お問い合わせ

各種ご相談・お問い合わせ

お問い合わせメールアドレス: staff@npo-aswp.org

和歌山事務所

TEL:073-461-0317
Fax:050-1028-6789
お問い合わせ時間(平日のみ) (正午-午後1時除く)
携帯:070-5081-3559(中井の携帯ウィルコム製) (平日のみ 土日祝日は電話対応はできません) AM10:00-PM:5:00 available

和歌山事務所事務局 中井は、外渉(渉外活動)のため留守(出張)にすることが多くなっております。できましたら、FAXでお問い合わせいただければと思います。順番にお答えさせていただきます。 お問い合わせ事項は、なるべく箇条書きでお願いします。
お電話番号記載の上FAXいただけますよう御願いします。
FAX045-716-4646にお送りください。 «« FAX番号は横浜事務所の番号ですが常に横浜常駐松本副理事長とは連携を取っていますので中井に転送される仕組みになっています。そして こちらからお電話いたします。折り返し事務局に電話をしていただく形となります。
電話は何時ごろまでかけさせていただいてよろしいかを記載してください。
※FAX送信は日中繋がらないことが多いので夜がよろしいかと思います。

 

首都圏事務所(横浜)

TEL:045-716-4646(Fax同)
お問い合わせ時間(平日のみ) PM1:00-PM:5:00 available

島根仮事務所

TEL:070-5045-6621
お問い合わせ時間(平日のみ) 電話に出られない時もあります。 PM1:00-PM:5:00 available

熊本仮事務所

お問い合わせ時間(平日のみ) 電話に出られない時もあります。 PM1:00-PM:5:00 available

 

※電話相談の件数が多い日ですと、15件あります。 なかなか電話がつながらないとのご指摘を受けることもあります。 誠に申し訳ございませんが、1件の相談時間を30分とさせていただきます。 お時間が足りない場合は、後日お電話をいただくかメール、お手紙、各事務所での相談でお願いします。 (Dr、会員、緊急時は除きます)

 

相談コーナー

毎日、全国からの「脳脊髄液減少症/低髄液圧症候群」に関しての問い合わせを多くいただいております。ありがとうございます。 現在、和歌山⇔横浜⇔島根⇔熊本の各事務所でパソコンを有効に使い、TV電話による作業をさせていただいております。 各事務所にての直接面談にてのご相談ご希望の方は下記規約に同意して相談内容を専門フォームにて送っていただく必要があります。
相談業務について
脳脊髄液減少症に関して、対面相談をご希望される方へ

仮認定 特定非営利活動法人 脳脊髄液減少症患者・家族支援協会が発足して13年目を迎えます。
2003年〜2006年全都道府県議会で脳脊髄液減少症に関する研究と保険適用を求める意見書を採択させ、2007年に厚生労働省 嘉山脳脊髄液減少症研究班を設置、2011年には診断基準案ができ、2012年6月より治療であるブラッドパッチ治療が先進医療に承認されます、その後、国は2011年に完成させた診断基準案では脳脊髄液漏出症、低髄液圧症では鑑別できない周辺病態の研究を進めているのが2015年1月現在の状況です。
当会は全国患者会の仲間と地方国に対し様々な運動を展開してきました。
我が国では初となる障害年金事例集を厚労省から発刊させ、労災認定(給料補償、後遺症等級など)が40数件を超える状況まできています。
当会は本年も引き続き 各団体と連携し活動を続けていきます。
脳脊髄液減少症研究会 篠永正道 代表世話人
嘉山厚生労働省 脳脊髄液減少症研究班
各全国自治体 全国の労働監督署
厚生労働省 保険局 年金局 健康局(疾病対策課)
国土交通省
当会専門 社労士チーム 当会専属弁護士 行政書士
そして脳脊髄液減少症患者支援の会 および子ども支援チーム
各政党 脳脊髄液減少症プロジェクトチーム

脳脊髄液減少症に関し圧倒的な情報量と経験そして人脈のネットワークを最大限に利用し御相談にのっております。 相談をご希望の方は下記規約内容を読んでいただき「同意ボタン」をクリックいただければ相談依頼フォームのページに移動します。相談内容その他をフォームに記入いただき送信ください 送信いただいた事をもって「規約に同意」とさせていただきます。 是非様々な実績を打ち立ててきた我々の面談相談を受けてみてはいかがでしょうか。

クリックした時点で仮契約とし相談料が振り込まれた時点で本契約とします。
尚 詳細は 045-716-4646に問い合せください。様々な御事情がある場合、まずは電話いただき柔軟に対応させていただきます。



契約書


第1条(相談の依頼及び受任)

甲は乙に対し脳脊髄液減少症関連の相談を乙に依頼し、乙は契約終了とともにこれを受任する。



第2条(乙の報酬について)

甲は乙に対し相談料3000円/2時間を乙に事前に支払う事とする。乙が出張する場合は出張にかかる必要経費(下記参照)も支払うものとする。


※当会員については最初の2時間は無料になりますが、それ以降の時間は第5条に従うこととする。

 また乙が出張する場合は出張にかかる費用(下記参照)も支払うものとする。注)振込手数料は甲が負担するものとする。

※医師、行政書士、社会保険労務士、弁護士など専門家への付き添いの場合、別途相談とする。



「必要経費」

・交通費と実費は原則として、鉄道は普通指定席、船舶は2等席、航空機はエコノミー席。(航空機はLCC含め、その時点の最安値を取得するよう乙は努力する。)

・ホテル代  一泊1万以下のビジネスホテルを利用する。
 繁盛記為若しくは1万以上するホテルしか見つからない場合は甲に相談する事とする。

・宿泊を要する出張は、出張費食事代込み12000円(一日)とする。
 会員は6000円とする(推奨 当会会員に登録された後面談相談をおすすめします費用が最終的に御安くなります)

・その他(通信費・印刷代・コピー代が発生した場合)

*公共交通機関についてはYAHOO路線の検索額をご請求します。

*宿泊しない出張の場合、食費は、各事務所から30km未満の場合 1回2000円、30km以上~100km未満の場合 5000円、100km以上~500km未満 新幹線使用の場合 7000円を請求します。また宿泊をしない相談(面談)対応開始時間が午後7時以降は別途1万円追加料金となります。

第3条(報酬 必要経費に関わる注意事項)
一度振り込まれた報酬・必要経費は、いかなる事情にても一切返金しない。

第4条(相談業務の日にち延期について)

相談にあたる者は、乙の理事とする。甲の担当となる者が相談日当日、何らかの諸事情で、相談ができない時、乙はその責任を負わない。相談は延期して行う。

第5条(相談時間)
相談時間は原則として2時間とする。それ以上かかる場合、1時間ごとに1500円の延滞料を甲は乙に支払うものとする。

第6条(誹謗中傷、信用を貶める行為の禁止)

甲は匿名、実名を問わず、インターネット掲示板、ブログ、その他公共の触媒を通じて、いかなる理由があろうとも乙の誹謗中傷、客観的に信用を貶めると思われる
書き込み、発言等はしてはならない。乙の名誉が棄損され或いは信用が貶められた場合は、損害賠償の責めを負うものとする。


第7条(その他)
1 本契約に定めの無い問題・紛争が発生した場合、甲乙は相互に誠意を持って協議し、その解決をはからなければならない。
  万が一甲乙間で紛争を解決できない場合、乙所属の弁護士に依頼し、円満な解決を図るものとする。


2 甲が乙を告訴またはそれに似通う請求をし、処罰または処分に該当しなかった場合、その間に要した費用は全額について甲は乙に対し損害賠償の責を負うものとする。


第8条(業務の終了)
本件業務は支払われた金額相当の時間の相談、および甲乙とも指定時間内であっても終了を了承した時点で業務は終了する。

第9条(契約)
1条〜8条に同意し、乙のホームページ上で氏名・年齢・住所・電話番号を登録し、契約をした場合、書き込み「送信ボタン」をクリックした時点で仮契約とする。その後、甲乙がメール、もしくは電話で面談日を決めた後、甲が所定の金額を振り込みした時点で本契約とする。



<各種振込先>

三菱東京UFJ銀行 和歌山支店

普通口座4603338

口座名称:特定非営利活動法人 脳脊髄液減少症患者・家族支援協会

ゆうちょ銀行 金融コード9900 0九九店(ゼロキュウキュウ店)
 
当座:口座番号0181981

カナ氏名(受取人名)
:トクヒ)ノウセキズイエキゲンショウショウカンジャカソ

 

同意します (新しく別ウィンドウが開きます)

▲このページのトップへ