脳脊髄液減少症患者・家族支援協会
トップページ > 会員募集/社労士チーム

社労士チーム

<障害年金社労士チームのご案内>

当会ではチームに参加される社労士の先生を募集中

当会では障害年金を専門とする社労士と連携し脳脊髄液減少症患者救済(障害年金受給)の為の社労士チームを2013年結成しました。
目的は

  1. 国の脳脊髄液減少症患者に対する理解不足を解消する
    • 特に2012年に作成された厚生労働省の診断事例集の改善を目指す
       
  2. 障害年金という制度自体の普及を目指す
    • すでにチームで「障害年金というヒント」を刊行し5万部のベストセラー〈2016年3月20日現在)となっている
      詳細(本の一部はこちら)http://goo.gl/7tXnuz

       
  3. 年金制度自体の改善を目指す 厚生労働省年金局との定期的懇談会 議員団との連携

現在 6人態勢でそれぞれ脳脊髄液減少症研究会の医師と連携し患者救済をめざしている
<チームとベストセラー「障害年金というヒント & 障害年金というチャンス」の御案内>

2016年3月24日発売予定 

内容紹介

2016年の制度改正内容に準じた初めての本。

あなたの人生の安心は、障害年金が叶えてくれる!

類書の中で圧倒的ロングセラー『障害年金というヒント』(5万部突破! )の第2弾。
今作は、より実践的・即効性の高い情報を大幅に増やしました。

現場を知り尽くした社労士チームの知恵とパワーを借りて、今年こそ障害年金を現実のものにしませんか?
これから申請をお考えの方、更新に不安がある方、一度不支給になった方、書類が揃わず受け付けてもらえなかった方へ
――本書を読めば「不可能を可能にする方法」がわかります!!

●2016年の新ガイドラインを網羅しているから、今後の申請時のミスがなくなる。
●過去に不支給だった方でも、制度改正でチャンスが生まれ、その解決方法がわかる。
●60歳~65歳、65歳以上の方で、どんな場合に受給できるか簡単に理解できる。
●生活保護など、他の社会保障制度と障害年金の関係性がわかる。
●年金機構のマニュアル的対応に屈せず、受給への「壁」を打ち破る方法がわかる。


<チームとベストセラー「障害年金というヒント」の御案内>

社労士チームの活動

2015年4月28日
厚労省年金局と打ち合わせ

 


2014年10月7日
厚生労働省 年金局
国会議員との障害年金懇談会

 

2014年3月26日
佐藤厚生労働大臣と懇談
 
2014年2月5日
厚生労働省年金局と懇談

2015年12月24日

塩崎厚生労働大臣に要望書提出

▲このページのトップへ